The Scent Of A Camel Lights
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お題日記Ⅵ⑧
ここまで紹介してきたアーティスト、結構有名どころばっかりじゃないかなと思うけど、本日の曲は、思いっきり有名ですのよ。そう、コチラ。

Led Zeppelin/STAIRWAY TO HEAVEN

ハードロックの古典と名高いゼップの歴史のなかでも、必ず引き合いに出される、「天国への階段」です。
どんな曲かは知らなくてもタイトルくらいは聞いたことあると思う。この曲、好きだ。

ここで注目して欲しいのが、1971年発表の、この曲が収録されたゼップ四枚目のオリジナル・アルバム「LED ZEPPELIN Ⅳ」の中で唯一、「天国の階段」だけが内袋に歌詞が掲載されたと言う点。それまでのアルバムも含めて、収録曲の歌詞は一度も掲載されてはいなかった。

これはどういう事なのだろう。

この曲の詞は、とても難解で、正直なところ自分には殆ど意味が読み取れない。
何度歌詞を読み返してみても、断片的な意味にしかとれず。
それでも敢えてそれまでのスタイルを崩してまで歌詞を掲載したその真意は?
そこに表現しようとした世界は何?

それが解るときまで、この曲を聴き続けるんだ。


それでは、歌詞を綴ろう。




Led Zeppelin/STAIRWAY TO HEAVEN

キラキラ輝くものはすべて黄金なのだと
信じる貴婦人がいる
彼女は天国への階段を買おうとしている
そこに着いた彼女は
店が全部閉まっていても
ひと言でお目当ての品物が
手に入ると知っている
Ooh ooh ooh,ooh ooh ooh
彼女は天国への階段を買おうとしている

壁には貼り紙がしてある
でも彼女は確かめようと思っている
言葉には時々
新しい意味があるから
小川のそばの木の上で
さえずる鳥がいる
時に、我々の思いのすべてが疑わしいものだと

Ooooh,不思議なものだ
Ooooh,不思議なものだ

俺はある感覚に襲われる
西の方を見やり
去ったことを悔やんで魂が泣いている時
想像の世界で見たことがある
木々の間に浮かぶ煙の輪を
見守る者たちの声が聞こえた

Ooooh,不思議なものだ
Ooooh,実に不思議なものだ

ささやかれているのは、間もなく
我々がみんなあの調べを歌えば
笛吹きが我々を理性に導いてくれるだろうと
そして永く待った者たちには
また新しい夜明けが訪れ
森には笑いがこだまするだろうと

Oh oh oh oh oh
潅木の中で何かがざわめいていても
心配することはない
五月の女王のために降る小雨の音だから
そう、戻り道は二つに分かれている
でも長い目で見れば
まだ、自分の歩むこの道を変えることもできる
不思議に思うのさ
Oh oh oh

頭の中で唸る音がする
言っておくが
その音は止むことがないのさ
笛吹きが仲間に入れと、お前を誘っているのだよ
親愛なる貴婦人さま、風の音が聞こえますか
あなたの求める階段はささやく風に横たわっているのです

Oh oh oh
Ah ah ah ah

そして道をどんどん進んでいくと
我々の陰は魂よりも高くそびえ立ち
そこには誰しもが知っている貴婦人が歩き
白い光を放っている
彼女が照らし出すものを見よ
我々の気休めの数珠玉は石に変わってしまうだろう
そこでじっと耳を澄ませば
ついにはあの調べが思い出されるだろう
俺は不思議に思うのさ、いったい何が間違っているのだろうと
Yeah
石になって、自分でなくなることが

そして彼女は天国への階段を買うだろう
スポンサーサイト


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

蓮

  • Author:蓮
  • Give an inch,take a smile

    人魚のお姫様へ。
    俺はずっと待ってるよ。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。