The Scent Of A Camel Lights
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お題日記Ⅵ④
さあ、ここで一つスローなナンバーを紹介しよう。

七位 Elvis Presly/Crying In The Chapel

エルヴィス・プレスリーを愛する人って今でも沢山いて、ファンクラブもあるしベスト盤のリリースもあるし、それだけ偉大な歌手だったんだと思う。ロックの歴史を語るとき、必ずと言っていいほどプレスリーは引き合いに出される。

どんな曲でも瞬時に歌いこなすその才能。歌うために生まれた人間なんじゃないか。
アーティスト、って言うと、それは芸術家って意味も含まれるんだろうけど、プレスリーは歌手だ。紛れも無い歌手だ。闇雲に伝説化されたエルヴィス像しか知らない自分のような世代にとって、生きた彼を知ることができないのは非常に残念だと、そう思う。

そんなプレスリーの、「クライング・イン・ザ・チャペル」と言う曲が、好きだ。
ピアノとコーラス以外、伴奏らしきものは無い。ジャンルで言うとゴスペルになるのかな。
でも、それで充分。すっごく暖かい、まさに「癒される」曲ですよこれは。

苦難に行く手を阻まれたとき、この曲はまたやる気を出させてくれる。
そういうエネルギーがある。

ところで、歌詞に何度か「主」って出てきますけど僕のHNは「ぬし」であって「しゅ」ではありません笑。
Elvis Presly/Crying In The Chapel

チャペルで祈る私の姿を あなたは見ましたね
そこで流した涙は 喜びの涙だったのです
私は 満足の意味を知っています
今 私は主にあって幸せです
そこは 素朴で簡素なチャペルです
謙虚な人々が お祈りにやってきます
私は 日々をしっかり行きぬくために
主が もっと私を強めて下さるよう 祈ります

私は ひたすら探し求めつづけました
けれども ここのほかには 心の平和を得られる場所は
世界のどこにもなかったのです

今 私はこのチャペルで 幸福です
ここでは 人々の心は一つです
私たちはこのチャペルに集い
ただ主の誉め歌を歌い 主を讃えるのです

あなたは ひたすら探し求め続けるでしょう
けれども ここのほかには 心の平和を得られる場所は
世界のどこにも見つからないはずです

あなたの悩みを チャペルに持っていらっしゃい
そして ひざまづいて 祈ってください
すると あなたの重荷は軽くなり
きっと 新しい道が見つかるでしょう
きっと 新しい道が見つかるでしょう
スポンサーサイト


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



プロフィール

蓮

  • Author:蓮
  • Give an inch,take a smile

    人魚のお姫様へ。
    俺はずっと待ってるよ。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。