The Scent Of A Camel Lights
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お題日記Ⅵ①
はい、今回のお題日記は370さんからのリクエストで、

お題「主くん好きよねん曲ベスト10」が読みたいです!

ということで、好きな音楽ベスト10です。

ベスト10、一度に10曲はとても紹介しきれないので、ランキング下位から複数回に分けて連載したいと思います。それでは、第一回目はコチラ!


第十位 矢沢永吉「魅惑のメイク」

この曲は'93年発表のアルバム「HEART」に収録されているもので、アルバム全編にわたり「恋」や「愛」にまつわる希望、苦悩や悲しみなどがテーマとなっている。

この曲に出会ったのが確か中学の終わりごろだったと思う。

中学時代、とある女の子に片思いしていました。彼女は誰にでも優しく、また仲良くできる人で、少しおっちょこちょいな一面のある「男殺し」な子でした笑
当時、僕はいじめられっ子で、クラスの中でかなり特異な目で見られた存在でしたが、そんな僕もちゃんと相手にしてくれました。そんな環境で、恋心を抱かぬはずはありません。でも、まさか「付き合ってください」なんて言えるわけがなく、それでも少し話しかけてくれるだけで暗い気分も癒されたものです。

そんな彼女を、僕は傷つけてしまいました。

人と話す、ということが極度に苦手だった僕は、事あるごとに意思の疎通ができずにいました。いじめられていたのも、そこに原因があったのでしょう。
あれは体育祭のときです。以前にも少し書いたことがありますが、ムカデ競争で彼女と同じチームになったんです。ただ、運動もダメ、勉強もダメ、そんなダメ人間の僕は文字通り「足を引っ張る」存在でした。ムカデ競争だけに。

もっとこうするといい、とかアドバイスをくれてたんですよ、彼女は。
それなのに、どうしてもチームとまとまっていいレースをしようという気になれなかった僕を見てとうとう泣き出してしまいました。
そんな彼女をみた他の女子数名が、それも威勢のいいのがまとまって、謝りなさいとけしかけてくる。

どうしても、謝れなかった。

いま思ってもどういう心境だか分からないんですが、なんとしても自分の非を認めたくない、そんなつまらない愚かさが災いしたのでしょう。

そして一年後、高校に入った僕の乗るバスに、たまたま彼女が乗り合わせたんです。僕は後ろのほうに乗っていて、中ほどの座席に座っている彼女に気付きました。
そして、そのときMDで聞いていたのがこの「魅惑のメイク」だったんですね。もう、すっごく申し訳なくなって。誤りに行こうか、でももういっそのこと僕のことを思い出させないほうがいいのだろうか、と悩んでいるうち、先にバスを降りていってしまいました。

しばらくしてまた彼女に道で会ったときは、にこやかに笑いかけてくれたんだ・・・

魅惑のメイク

“別れましょう”あなたが落として
こなごなの シャンペン・グラスさ
泣きじゃくる 瞳で この俺
憎んでいるよ・・・OKay

時は今 ストップ・モーション
いざこざも ぼやけてしまった
むきだしの 見知らぬ あなたに
ただ見惚れて・・・

Sorry For,Woman 席を立つなよ
迂闊でも これが返事さ
・・・“You're My Destiny”

無防備な 女をさまよい
欲しかった 心がこんなに
傷つけて 初めて 覗けた
あなたの中を・・・

Sorry For,Woman どんなメイクも
涙ほど ひとを打たない
・・・“You're My Destiny”

Don't You Go,Woman 俺ともいちど
・・・Don't You See,Woman めぐり逢いから

Sorry For,Woman 俺ともいちど
スポンサーサイト


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

蓮

  • Author:蓮
  • Give an inch,take a smile

    人魚のお姫様へ。
    俺はずっと待ってるよ。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。