The Scent Of A Camel Lights
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう一度
夢がある 夢がある
この道の終わりに 
デカイやつ ほしいヤツ
この俺を待ってる

~矢沢永吉“フリーダムライダー”~



「もう一ヶ月頑張ってくれ」
そう言われた。つまり、来年1月から古巣に帰ることが許される可能性が出てきたわけだ。
期待しても、いいよね。

俺には夢がある。

プロフェッショナルになりたい。


これは前にも書いたこととダブるけど、どうしてももう一度書いておきたい。

俺が休職するまでいた職場、仮に「C工場」と呼ぼう。
俺はそのC工場でNC旋盤のオペレーターとして働いていた。そして、その現場を取り仕切るI川さんという上司がいる。

うつがひどくなり始めてしばらく経ったある日、思い悩んでいたことをI川さんに聞いてみたことがある。

「今の仕事、やりがいありますか?」

毎日機械動かすだけの単調な仕事、同じ動作の繰り返し。俺は嫌気が差していた。でも辞めるわけにはいかない。辞めちまったら終わりだという思いだけで頑張っていた。背水の陣、という気持ちでぶつけた質問だった。

I川さんは答えてくれた。
「俺はNC旋盤の仕事は誰よりも出来ると思ってやってる。だからやりがいはあるよ」

その時のI川さんの確信を得た眼差しを俺は忘れない。

その瞬間に決めたんだ。俺はこの人に付いていこうって。
I川さんは一人でなんでもこなしてしまう。正真正銘のプロの仕事人だと思う。少なくとも今まで出会った人達の中では一番仕事が出来る人だ。
そんな姿を見ていて、すごくカッコイイと思った。惚れた、という言葉を使ってもいい。
俺も、この人みたいにプロの技術と自信を身に付けたいという目標が生まれた。
I川さんと一緒に仕事をしたい。もっと近付きたい。あの高みを目指して歩きたいと、そう思ってる。

絶対に負けたくない。

俺はずっと落ちこぼれの人間だった。勉強も出来ない、スポーツもダメ。いじめの対象にもなった。だけど、こんな俺でも出来ることがあるんだって事を証明したい。この道を最後まで突き詰めてみたい。

自分の夢は自分で叶えるものだ。

だから、俺は何としてでもC工場に戻らなきゃいけないんだ。











スポンサーサイト



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



プロフィール

蓮

  • Author:蓮
  • Give an inch,take a smile

    人魚のお姫様へ。
    俺はずっと待ってるよ。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。