The Scent Of A Camel Lights
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鎮痛
動かない身体に引きずられる気持ち。

もう、俺の最盛期は過ぎ去ってしまったんだって、そう思う。

九月が終わろうとしている。
復帰の目標だった十月が来ても、状況は一向に良くならない。

お終いだよ。もうお終いだ。

今の俺に出来ることは、ただベッドに横になって将来を悲観するだけさ。なんと有意義なことか。

公園で遊ぶ子供達を見ると、俺にもそんな時期はあったなって感じる。遠い日の記憶。偽りなき自分。
今まさにこの時の自分もまた、正真正銘の自分なんだ。
一体何が変わってしまったというのだろうか。

感受性の一部が発達しすぎている。その一方で退化している部分もある。

眠っている時間がつまり死んでいる時間だとしたら、俺は眠り続けよう。そうして生まれ変わり、少しでも違った生き方をすればいい。
でも、もう今の人生をやり直すだけの力は残っていないから。
だから眠り続けようと思う。

もう少し、彼の歩んだ道程を辿ってみたいんだ。カート・コバーンのね。
ここがもしシアトルの街角だったとしたら、俺はためらわずにコカインを手に入れるだろう。

俺はインターネットのグランジ・ロッカー。綺麗なものを徹底的に汚してみせる。そしてメタドンの洪水に溺れよう。

神聖なる空気と汚泥に包まれて、この身を清めよう。
静かなる咆哮。終末の誓い。

自分に才能があるとしたら、それはこの身を滅ぼすためだけに生かそう。その方が美しいから。

俺は奴等が思ってるほど上等な人間じゃない。












スポンサーサイト



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

蓮

  • Author:蓮
  • Give an inch,take a smile

    人魚のお姫様へ。
    俺はずっと待ってるよ。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。