The Scent Of A Camel Lights
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分のうつ病を考える①
どうして俺はうつになったのか。よく考えてみよう。

俺は一人っ子で、兄弟喧嘩もすることなく刺激の少ない環境で育ってきた。
本当なら、両親の愛情を一身に受けてぬくぬくと幼少を過ごしたはずである。だけど、どこかで親は怖い存在だった。怖いから、いう事は何でも聞かなきゃならない。そこで、自分の意志を曲げて親に合わせてきたところがあったんだろう。

そうして学校に入る。
そこでは、いつもいじめと向き合ってきたんじゃないだろうか。
小学校の時はそんなにひどくなかった。でも、今思い返せばあの頃から憂鬱な気持ちを抱えるようになっていたのは間違いない。
ちょっと馬鹿にされたりからかわれたり、その程度のことだったけどダメージは与えられていた。

中学校。この三年間は俺の人生から全て消し去りたい。
もう何度か書いてるから改めて思い出すのも嫌だけど、とにかく全てがクソだった。
誰にも理解されてないという気持ちを抱えて生きていた。そうだ、この時期、はっきりと抑うつ状態にいた。
クラスにだれも味方がいなかった。全てが敵。
担任に相談したこともある。親も巻き込んで話をした。でも何も解決しない。それどころか、何度か話し合いをしてしまったが故に「もう大丈夫、解決したよ」という態度をとらざるを得なくなった。
両親に余計な心配をかけることが何より苦痛だったから。
自分だけが受け止めればいい、俺はどうなってもいい・・そんな気持ちがあったんだと思う。

そんな生き方をしていたら、どこかが壊れてしまうのも無理はない。
この頃から、言い知れぬ不安感、孤独感にさいなまれていた。
毎日元気なフリをして登校する。胃が痛む。

一番頼らなくてはいけない親にも頼らず、相談できる友達もいない。全てを自分の中で処理しようとしていた。

高校受験のときだ。
裕福な家ではなかったために、必ず公立高校へ行かなくてはならない。でも、私立の底辺校に行く程度の学力しかない。そこで、経済的なことが原因で夫婦喧嘩も始まる。毎朝目を覚ますと喧嘩がしている声が聞こえてくる。

追い詰められないわけがないよね。


なんとか公立の工業高校に入学できた。
どうして工業高校かって?普通高校に行ったら絶対またいじめに遭うってわかってたからさ。それなら、もっといい場所があるはずだと思ってた。直感なのかな。
この高校はいいところだった。なにより、俺の中学からは他に誰も行ってなかったということが大きい。ある意味で高校デビューしたんだ。

楽しい楽しい高校生活を送っていた。この頃にはほとんどうつの気配も無くなっていた。環境が良かったんだろうね。



それがどうして、こんなことになってしまったんだろう・・・?
スポンサーサイト



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

蓮

  • Author:蓮
  • Give an inch,take a smile

    人魚のお姫様へ。
    俺はずっと待ってるよ。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。