The Scent Of A Camel Lights
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回帰
強烈な胸の不快感と倦怠感に襲われ寝たきりの生活を過ごす事数日。
想像の中で何度自分を傷つけ、殺してきたことか。
あらゆる手段で死に急ぎ、悲しむ人の顔を見た。


そんなとき、母親が数冊の本を買ってきた。
どれも、心のケアやうつに関する内容のものだ。

普段は千数百円する本が高いからと古本屋に並ぶのを待って買うような人が、新品をこんなに沢山買ってきた。

それだけ心配してくれているという事なんだな。


心配といえば、会社の先輩が飲みに誘ってきてくれた。
それが、なんだかとても嬉しい。
二年前、俺がまだひよっこだった時に散々迷惑をかけた人が、元気出せって声をかけてくれる。
いつでも帰って来いって、お前の居場所はここだぞって、そう言ってくれてるんだ。

涙が出てきた。

まったく、俺はいつまで病気に振り回されているんだろう。
早く「居場所」に帰って、この恩を返さなきゃ。

会社の歯車になんかなりたくない、なんて言ってる人はきっといい人間関係にめぐり合ってないんだろうね。
単に金や労働時間でしか仕事の価値を計れないから、そんな事を言うんだと思う。

俺は本当は幸せ者なんだ。
なんだかんだ言ったって、帰るところはあるんだから。
受け入れてくれる人もいる。
どうしてそれがわからなくなってしまうんだろう?

一つ思い出した。
仕事の内容に文句を言うのが嫌いだ。
だって、働けることこそが最大の幸せだから。自分の仕事に文句をつけるって事は、自らハッピーを遠ざけることになるじゃない。
だから面倒くさくても辛くても、文句は言わないようにしていた。

それがいつからか、不平不満で一杯になっていったんだ。
自分自身で、幸せを手放していたんだ。

さあ、それに気づいた今、どうするか?

俺は幸せをもう一度掴みたい。

こう思える今なら、仕事に復帰できるチャンスなのかもしれない。
まだ、それを意識すると怖くなるんだけどね。

でも、少しは前進できたんじゃないかな・・・
スポンサーサイト



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



プロフィール

蓮

  • Author:蓮
  • Give an inch,take a smile

    人魚のお姫様へ。
    俺はずっと待ってるよ。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。