The Scent Of A Camel Lights
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tomorrow Never Die
今日のレスの中でサイト始めて半年とか書いたけど、実際は一月末からだから、一年近くになる。月日の感覚が狂いすぎてる。

時間感覚で思い出した。

小学校の、あれは確か六年生だ。

担任の先生がすごく面白い人で、授業の合間にはよく昔話や怪談、落語の一節なんかを披露してくれた。
声が低くて、でも声量があるからいい声だった。
体格のいい、カッコイイオッサンだった。その髪形から、ぎんじろっちなんてニックネームがついていた。ちょうど、たまごっちが流行ってた時期だ。
それだけ、生徒に親しまれていた。

卒業文集かな、書いた記憶がある。
「このクラスで過ごした一年間はとても早かった。なぜだろう。それは、楽しかったからだ。楽しい時は早く過ぎる。だから先生が担任でよかった。」

大体こんな文章だったはずだ。

確かにあの一年間は楽しかったと思う。
純粋に自分をさらけ出すことの出来た一年間。

そんな気がする。

時間、か。

また、明日がやってきてしまう。
スポンサーサイト



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



プロフィール

蓮

  • Author:蓮
  • Give an inch,take a smile

    人魚のお姫様へ。
    俺はずっと待ってるよ。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。