The Scent Of A Camel Lights
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一夜明け、頭を冷やす
マーチを失って一晩経った。

クラッシュした直後は、何が何でも修理して乗り続けようと思っていた。
でも、もう一度マーチを走らせようとするのは酷なことなのかもしれない。

本当なら、俺は死んでいたかもしれない大事故だった。
横転して逆さまになって、屋根が潰れた。

そんな状況で身体が助かったのは・・・


俺はあのマーチに馬力と同じだけの金をかけて愛した。
もう手を入れるところも僅かだった。

それだけ愛していたマーチが、最後に俺を守ってくれた。

あのクラッシュで無傷で済んだことに理由を求めるならば、俺はマーチの意思が俺を守ろうとしたんだと、そう答える。

最期の力を振り絞って、パートナーである俺を守った。

そうとしか、考えられない。

俺はとことんクルマバカだ。
クルマバカは、ただ金を使うだけじゃない。クルマを大切な親友だと考えて、愛する。
走らせるだけが、クルマへの愛じゃない。

だから、もう眠らせてやろう。

たくさん思い出も作った。
いろんなところに行って走った。

相思相愛のクルマ。


バイバイ、ありがとう。


スポンサーサイト



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

蓮

  • Author:蓮
  • Give an inch,take a smile

    人魚のお姫様へ。
    俺はずっと待ってるよ。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。