The Scent Of A Camel Lights
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの、忘れられない夜のこと・・・Ⅳ
いつまでも引きずっていても仕方の無い話だ。

さっさと忘れた方がいい。
でも、あの日からちょうど一年経った、2006年5月27日。
朝の5時だ。
自宅前の道路で、急ブレーキのスキール音がして、刹那、衝突音で目が覚めた。


でも事故なんか起きてない。
夢なのか幻聴なのか、とにかく「あの音」で目が覚めたんだ。

一年。長い時間が経っても、どうしても消えない記憶というのもある。


あの事故から今までに、会社の前でトラックを含む車5台の玉突き事故が起きた。
近所のコンビニの前でも道を塞ぐほどの事故。
自宅前の交差点で、ガードレールに突っ込む単独事故。
ひき逃げもあった。
今年の1月2日、国道14号で車線変更中のクルマにバイクが突っ込む事故が起きた。それも目の前で。

この街は事故が多いようだ。
それを目撃するたび、あの記憶が蘇ってきて辛くなる。



ほんの僅かな不注意が、絶えない事故を起こし続ける。
クルマに頼る生活をしている限り、それは起こり続けるんだろう。
付き物、不可抗力?

クルマは人を、幸福にも不幸にもする。

そのリスクを背負う覚悟が無ければ、クルマには乗れないんだ。

教習所の教官に言われたことがある。
「君はいつか事故を起こすよ。」

全くその通りになった。

心のどこかに、自分は大丈夫だ、あんなの確率で言ったら僅かなもの。俺は事故なんかに関わらないっていう油断があったんだろう。

もう一年も前のこと。
まだ一年前のこと。

この話は、もうやめにしよう。
スポンサーサイト



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



プロフィール

蓮

  • Author:蓮
  • Give an inch,take a smile

    人魚のお姫様へ。
    俺はずっと待ってるよ。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。