The Scent Of A Camel Lights
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この話はフィクションです。実在の人物、団体等とは・・・
鳥人間コンテストが始まりますね。

自作の飛行機で琵琶湖を舞い、その飛距離を競い合う夢の大会。


ふーん…


確かにスゴイ試みですけど、まだ、鳥感が足りませんよねぇ…



世の中を見渡してごらんなさい…どこを見ても鳥人間だらけではないですか!

あそこのご家庭はおしどり夫婦だし、コウノトリからお子を授かることもあるでしょう。

公園を見れば、カラスの大群がテントを作っているではありませんか。

繁華街にいけば、世間を舐めきったヒヨッコどもがコンビニの前で騒いでおります。

夜の飲食店ではストレスを溜め込んだサラリーマンが羽根を伸ばし、上司の一言で遠隔地に伝書鳩ですよ!


そもそも、鳥というのは厄介な存在なのです。
鳥が原因の事件の例
・洗車したてなのに糞が…
・乗っ取られて大変なことになった白い鳥
・火星人がキレる
・カードの宣伝のために四羽どころじゃなく買い過ぎて大出費も本人は満足気
・スズメって実は空飛ぶネズミって言う位黴菌あるらしいですよ



なんだかんだ言っても、インフルエンザで処分されるニワトリがどんな運命を辿るかは、小さい子供には秘密にしてほしいものですな。

スポンサーサイト



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

蓮

  • Author:蓮
  • Give an inch,take a smile

    人魚のお姫様へ。
    俺はずっと待ってるよ。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。