The Scent Of A Camel Lights
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉には時々、新しい意味がある
文句言いたくなることもあるだろう。

投げ出したくなることもあるだろう。

なんでこんなことやってるんだろうって思ったこともある。

でも、出来てもいないのに「やってらんねぇ」はないよな?


どうして、変わろうと思えてるのか。
このままここで腐っていこうと、そう考えていた時期もあったのに。

もし、死んでしまうくらいならいっそ落ちるところまで落ちてしまおうと思っていた。

カート・コバーンはインタビューの中で、「どうせ死ぬならジャンキーになってしまおうと思った」と語っている。
ヘロイン、コカイン、あらゆる薬物を、他の常習者が恐れおののくほどの量を摂取して、オーバードーズで何度も仮死状態になって。

そんなことをやっていた彼が、今はだんだん理解できなくなっている。

嫌だ嫌だ!俺は負けたくない!

俺が落ちることは、俺だけが痛むんじゃない。
周りの人間みんなにも、痛みを味わわせることになってしまう。

苦痛に浸ることが出来るのも、ヤケになってムチャクチャ出来るのも、俺だけが迷惑するんじゃない。


俺は、俺は、自立しなきゃいけない。


この世界は、一人では生きていけないという。
それは、互いに助け合わなきゃ生きられないという意味のほかに、孤立するのがいかに難しいかという意味を秘めているのではないのか。

一人になるのが許されない世界。

それを許さないのは誰?

自分自身だろ?


だったら、そうよ。


やるしかない。


現実は、壁なんかじゃない。


天国への階段だ。
スポンサーサイト



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

蓮

  • Author:蓮
  • Give an inch,take a smile

    人魚のお姫様へ。
    俺はずっと待ってるよ。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。