The Scent Of A Camel Lights
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間の資格
恥の多い生涯を送って来ました。

生き恥、などという言葉は実に的を射ていると思います。
恥という漢字は、耳と心でできています。私の心に耳を当てて様子をうかがうと、実に多くの雑音が聞こえてきます。
かつてプライドと呼んだことのあるものはその実は我が儘でしかなく、意地と呼ばれたものは打たれる運命にある飛び出た杭です。

人の心には一定の質量があります。
そして形があります。
その形を歪めてしまうと、つまり抑圧すると、心はあらぬ方向にはみ出してしまうのです。
すると、個性というもののベクトルが心を入れている人の器に合わなくなります。そしてそれは忌み嫌われ、見向きされなくなるのです。

私の恥とは、その繰り返しでした。
存在を否定された経験のある人間は、没個性を追求せねばならなくなると考えます。
無難で、控え目で、つまり消極的にならざるを得ません。
余計な事を言わなければ、余計なトラブルは起きません。禍いを起こすことも、巻き込まれもしないのです。

しかし、時として私は孤独に耐え切れなくなります。
そんな時、器から溢れた心、それは無神経で、横暴で、忌むべきものがむくむくと起き上がってくるのです。

恥とは、そのようにして生まれます。

「人間失格」の一節を借りるとすれば、私はこう言うでしょう。


いまは自分には、幸福も不幸もありません。
ただ、一さいは過ぎて行きます。
自分がいままで阿鼻叫喚で生きて来た所謂「人間」の世界に於いて、たった一つ、真理らしく思われたのは、それだけでした。
ただ、一さいは過ぎて行きます。


しかし、私は生きねばなりません。
阿鼻叫喚はこれからも続くことでしょう。
それでも生きねばなりません。

川の流れは、せき止めても止まるものではありません。
強引に止めてみても、水が溢れて洪水が起こる。それならば、すんなりと水を流すことを考えねばならないと。
その方法はまだわかりません。しかしながら、やるべきこと、やらなければならないことは存在する以上、それはほんの多少なりとも必要とされているという事なのではないだろうか。

このブログを続けて約二年少々になるでしょうか。
その間、私はネガティヴ・クリープを叫び続けてきました。
それはまるで、痛む歯を押すような不思議な快感でもあり、私なりに現実と向き合う方法だったのだと思います。
以前、メタメッセージという言葉を使ったことがありました。それは、表向きの表現に隠された真意を表します。つまり、いままでの言葉の羅列は如何様にも解釈できる、いや解釈して欲しいという思いで書いてきました。

幸福も不幸もない、それは希望と絶望が表裏一体であり、どちらも同じ性質のものだと考えます。
希望側から見た絶望、絶望から見た希望。それは違うようでいて同じなのです。要は解釈の違い。
私はずっと、物事をネガティヴにしか捉えられませんでした。
それは、絶望の地に立って希望を見ていたからです。

ですから、今度は逆に、希望を胸に秘めて絶望を眺めてみようという気になりました。
そうすることで、絶望がいかに小さいことか、希望を抱く人生はきっと明るいものなのだろうと思うようになったのです。
絶望してさえいれば、希望がくじけて落ち込むことは無い。かつてそう言った事があります。
ですが、希望はくじけてもいくらでも新たに見出せる。きっとそうに違いない。世界を広く見てみよう。そう感じることが出来始めました。

このブログは私の心の闇の部分を現実的あるいは抽象的に表現したものです。
改めて自問自答したり、そしてよき理解者との会話をしていくうちに、自分にも明るい部分は存在するのだということに気付きました。
影は光があるから生まれる。影があるのなら、光が存在する。
これからは影とうまく付き合い、光を見て生きてみようと。

人生山あり谷ありといいます。
私はいま、絶望峰の下り坂を苦しみながら降りています。きっともう少し努力すれば、喜望峰の頂上にたどり着けるのではないか、いやそこに行かなくてはならないのだと思います。

いつまでも絶望に浸っていることは、その妨げになる。

だから、このブログは本日を以って終了します。
汚染された精神を、再び元通りに浄化するために。

人生を、もっと楽しむために。


長くなりましたが、最後に。
いままでお付き合いいただいてありがとうございました。
これまでの私のことは、世の中にはこんなことを考えている人間もいるのだ、程度に思ってください。
これからは前向きに、それがどの方向なのか模索中ですが、何事もエンジョイできる人間を目指して生きたいと思います。

絶望人生は卒業する決心でございます。

ありがとうございました。


追伸
寛大な暖かさをもって私を支えてくれた多くの方々に感謝します。
そして、素敵な人魚姫様。あなたの言葉から感じる優しさは、このブログを通じた中で最大の喜びでした。
本当にありがとう。いつかまた出会える日が来ることを願ってやみません。



新たな決意を持って。
2007.9.30  蓮


スポンサーサイト
メビウス
人は仮面をかぶっている?

それが本音と建前。

建前を演じるのは難しい。
建前を演じるのは本音じゃない。

本音じゃないのは嘘だ。

嘘はつきたくない。

正直でいたい。
いや、正直でしかいられない。

俺の正直は他人に疎まれ、嫌われ、避けられる。

嘘をついてまでして好かれる人物を演じなければならない?

嘘は間違ってる。
正直は通用しない。

自分以外の人はどうやって生きているのだろうと、それが不思議なのです。

私は人であるかのように装った別の何かであるのかと、そう思うことがあります。

人は一人では生きられないのに、人と関わることがなぜこうも厳しいのですか。

太宰治は人間失格の冒頭で、主人公をお道化させることで生きさせます。
それは嘘の塊。
偽りの自分。

偽りは良くない。
正直はもっと良くない。

堂々巡りの思考から抜け出せない。

離陸
多分、このブログはそろそろ必要なくなるかもしれないなって思う。

飽きたとかじゃなくて、もう吐き出すものが無くなって来たから。
卒業、っていえばいいのかな。
だんだん、実感出来るくらいに前向きな気持ちが強くなってきてて、今度は逆にここを書こうとするのが足枷になってしまうと思う。

ということで、様子を見ながら更新終了を視野に入れます。
今後は本家サイトにリンクしてるHEART STRIKES 公式ブログを中心に活動しようかなと。
それはネガティブからの脱却を意味します。

もう、出来ることなら迷いたくないから。

体調は、薬が切れない限りは安定してます。切れると、もう途端に失速しますけどね。

まあ、いつまでも自分を苦しめていても一時の安らぎにしかなりませんから。

なので、今月末をもってここは終わらせます。
今は転換期なんですよきっと。
そろそろ、自分の殻を破る時です。

無意識の不安定を意識で安定させようとしてるんだから、それは不完全になるのも仕方ないよな。
気を張ることに疲れたら、途端に崩れてしまう。

まるで手で掬った水のように、じわじわと零れ落ちて始まる精神汚染。

薬が切れる時間になると一気に崩れる。
風呂に入ると崩れる。
夜がくると崩れる。

補完計画の末路
ゼーレの決定には逆らえない。

オレ補完計画と称して挑んだ今回のアルバイトは、ゼーレの力によって頓挫した。
このままアダムと使徒の接触を許すとサードインパクトにより世界は消滅する。
まともな職に就かない限り我々に未来は無い。

はい、何のこっちゃわからない人の為に翻訳します。

社会復帰するために挑戦したアルバイトですが、職安の制度によってこのまま仕事を続けると失業保険が70%カットされてしまうという事態になりました。
そうなるとまさにワーキングプア、働いてるのに生活出来ないという事になり、死にます。
だから、確実に収入を得られるしっかりした仕事を見つけないとじり貧で将来が無くなる、と。

いちいちエヴァですいません。
ゲンドウさんにハマってますから。

という訳で、失業保険が貰えるあと数ヵ月の間に病気を何とかして確実な所に就職しないと破産して夜逃げということになります。
非常に追い詰められております。

本当は自分を変えるため、きっかけを作るため、紹介してくれたヒデに恩を返すためにもバイトを続けたかった。だけどそれすら許されない日本の法律。

悔しいですよ。

蓮的エヴァ解釈
※エヴァのネタバレが嫌いな方は読まない事をお勧めします。

エヴァンゲリオンという作品は、単なるロボットアニメではないというのはお分かりだと思います。
複雑な時代や人間関係は、現代のそれそのまま。たまたま形がアニメだというだけで、そこには生の人間が描かれているんだと思います。

エヴァは心を開かなければ動かない。
それって、現実世界でもそうですよね。人は心を閉ざしたままでは何も出来ない。自分がそうであるように。
物語では、兵器であるエヴァには心があると語られます。
その心とパイロットの心がシンクロすることで、初めて「彼等」は動く。
社会生活や友人との付き合いでも、同じことが言えるんだと思うんですよ。
心の合わない者同士では何も出来ない。人はもっと密に繋がりを求めている。そう言いたいのではありませんか?

エヴァに乗れるのは14歳の、それも繊細な子供達。心を育てている真っ最中の人間です。
この年代、一番成長していく年頃ですよね。
成長にはリスクを伴う。つまり壁にぶつかるということ。
パイロット達がいくつもの壁に立ち向かうことになるのは、人間とはそうやって生きるのだと主張したいからではないでしょうか。

アニメというのはあくまで伝える手段でしかなく、その真意は人間とはこういうものではないかという提起だと思います。

初号機を始めとするエヴァは、人間の象徴なのではないか。
それを操ろうとする周囲の人達は、人間の複雑さを教えてくれているのではないか。

そんな風に感じます。

きっと、もっと理解していけば新たなる発見をして、それが自分と重なって、自分の目指すものが見つかるような気がするんですよね。

この作品は単なる売れ線狙いの作品ではなく、人とは何なのかを考えさせてくれる紛れも無い名作ではないかと思います。

まだ僕は、その入口に立ったばかりですけどね。

友情、プライスレス
こんな俺でも、人に頼られて必要とされることがある。
そんなことが今、起きてる。

これって幸せなことなんだなって思う。
必要とされる。それは存在価値。
俺にもそんなものがまだ、残っていたんだな。

素直に、嬉しい。

そうだ、必要とされなくちゃ。
何か、努力しなきゃ。

アイデンティティを探そう。
自分の事だけ考えてたらいけない。
何かの役に立たなきゃ。

漠然としてるけど、何か見えて来たような気がする。

自分の中に、もっと存在価値が眠っているかもしれないから。

有無
煙草の煙。形の無いもの。喜びと絶望をくれるもの。有を無に変える。

空気。形の無いもの。生きるために必要なもの。それを感じるもの。

心。形の無いもの。生きるために必要なもの?それは誰にも乗り越えられないもの。

ソレガココロノカタチ。
遥か未来目指すための羽根
中途覚醒が治まらないのはどうしてかなぁ。

また今日もこんな時間に目が覚めてしまった。
医者も言ってたな。何かストレスがあるって。
その正体…実感していないのに。
でも心当たりはある。それを書くとまた同じ事になるけど。

表層と潜在。
本音と建前。
偽りと真実。

結局のところ、何も振り切れても解決してもいないという事なんだろうな。

時々、夢を見る。
それはとても恐ろしいほどの憎しみを感じながら不特定の人物を殴っているような…
有意識下では決して感じないほどの憎しみ。きっとそれが本来解き放たれるべきで、意思で閉じ込め封印してしまった感情なんだろう。

解りやすく言えば、もっと感情が育つ時期に素直に気持ちに従うことを覚えればよかったんだ。

何でも溜め込むように自分を曲げてしまったから。
ストレスは普段感じないだけで確かにそこにある。

だけど、今まではそこまで考える事しか出来なかった。
一つ思うことがある。

育ってきた環境が俺をこう苦しめる。
そして、心を身体の奥に閉じ込める事を覚えた。

そうやって身につけたのは、絶望していれば希望を抱かずに済むということだ。希望がくじけたとき落ち込まずに済むから。

そう考えるようになったのは自分自身の意識だった。
ならば、だ。
今までとは逆の発想でもっと心を解き放つことを意識したらどうなるだろう。
自分の力で自分を苦しめる事が出来ているんだから、その逆も可能なんじゃないかということだ。

こう考えられるようになっただけ、成長と言えるんじゃなかろうか?

手段はまだ見つからないけどね。


ドイツ人かロシア人あたりにいそうな名前
何か自分の中で変わるものがあるんじゃないか、何事も挑戦だ。そう思って折角誘ってくれた仕事にチャレンジしてるわけですが…

最近天気悪いじゃないですか。週四回の上に雨天中止の仕事なんで、まだ三日しか働けてません。

逃げちゃダメだ…って言うか、逃げてっちゃダメだろ仕事!みたいな感じであります。
あーめーおーとーこーはーだーれーだー…

この調子だと、ほとんど何も学ばないまま仕事が終わるという企画倒れの結果になりそうです。
これを踏み台にして次のステップにいこうと思ったら、踏んだ瞬間に台が壊れました。

とりあえず、早起きする習慣が少しは身につき始めてますかね。昼過ぎまで寝てるということが少なくなってきました。
でも中途覚醒することも復活してきたので、少々辛い部分はありますけどね。眠気覚ましのモーニングコーヒーが欠かせません。

気分の方は、あまり良くはありませんね。
再び来る波を、どうにか押さえ込もうとして耐えてる感じでしょうか。
出来れば頓服で薬が欲しい所です。

薬といえば、ちょっと前の診察の時でしたね。そう、トレドミンを飲み始めた日ですよ。
あの時、医者はジェイゾロフトを試したがってました。ええ、パキシルと同様、SSRIです。成分は違いますが。
確かにSSRIは私には効くのかもしれません。SNRIトレドミンがイマイチなので、ジェイゾロフトを試してもいいかなとは思いますね。
ただ、今の時点で変えるとまた抗うつ薬特有の強烈なだるさがやってくるので仕事に支障が出ます。
来月あたりから試したい所ですね。何事も挑戦です。

・ジェイゾロフト博士、っていうキャラクターで小説を書きたいです。
岸辺の中心でアイを叫んだケモノ
取り戻せ…三年前はあれほどアツかったじゃないか。

あの頃の情熱を、やる気を取り戻せ。

君が言ったように、俺は大海に泳ぎ出さなきゃね。
いつまでも潮だまりでもがいてる訳にはいかない。

仕事中もちゃんとつけてるよ。あのペンダント。君がどう思ってるかはわからないけど、俺はいつでも君を好きだという気持ちは変わらない。
ペンダントはその象徴だよ。

今もどこかを泳いでいるのかな。
また出会うことがあったら、その時はゆっくり話をしよう。

いつか君に胸を張って会えるときがきたらいいなって思う。
勝手な事を言ってばかりかもしれないけど、もうしばらく俺を見ていて欲しい。
嫌だって言うかな。そしたらちゃんとフッて欲しい。

人魚姫様、どうか元気でありますように。
この文章をあなたが読んでくれますように。

勝手な愛をこめて。

余震は続く
乗ります。僕が乗ります。(挨拶

今はとにかく迷う時期なんだと。
今はとにかく戦う時期なんだと。

傷つくことをわかっていても、戦いに挑まなければ始まらないんだ。

なら戦おう。

「名作」といわれるものは数多い。
俺の場合、特に影響されやすい性格だから。
エヴァを観てわかったんだ。
主人公、碇シンジの悩み苦しむ姿を見て、全く自分と同じ感性で壁にぶち当たっているってことに気付いた。
傷つくことが解っているけれど、逃げてもそこにはさらに苦しい事しか無かった。
だから立ち向かう。最大の勇気を出して。

逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ…そう言い聞かせ、戦いに挑む。
その姿がまるで自分自身のように見えた。

とにかくこの一ヶ月耐えてやる。
どんな精神状態になったって受け止めてやる。

頑張るよ。何かが変わるかもしれないから。

帰りたい、帰れない
睡眠がまた不安定になりだした。
中途覚醒。ろくに眠れない。

耳や顎の下に出来るニキビはストレス性のものだという。
数ヵ所新たに出来てきた。

軽い仕事を少しやっただけでどうしてこんなことになるんだ。
一番言いたくない言葉は「続けたくない」
だけど言いそうだ。こんなプレッシャーにすら勝てそうにないんだから。

またあの気分がやってきた。もう少し耐えられると思ったのに。

不思議
また繰り返すのかな。

いつもそうだ。すぐにくじける。

ところで、誰も俺の言うことに納得しないのはどうしてだろう。
間違ってるからだろうな。本人は納得してるのに違うって言われるから。
だから自分が一番信用ならないんだ。

不思議だな。
どうしてみんなちゃんとしていられるんだろう。悩みを隠してるのかもしれないけど、それにしてもどうしてそれに耐えられるんだろう。
みんな普通に働いてる。
俺の言う普通とは、問題無く、って意味。
悩んでたって苦しかったって、普通に働いてる。なんでそんなことが出来るのかな。
不思議でしょうがない。

仕事が楽しいと言う人すらいる。それにはただ驚くだけだ。楽しいなんて有り得ないはずなのに。

我慢しながら働いちゃ駄目だと言った人がいる。つまりその人は労働に苦痛を感じていない。
そんな世界があるわけが無い…

どうしてみんな普通を保てるんだろう。

なんでだろう、悲しくてイライラする。


残酷だっていいじゃない、天使なら。
ご無沙汰しております。新劇場版を見に行きたいお年頃、蓮です。
最近の頑張る時の合言葉は「逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ…(緒方ボイス)」です。

すっかり影響されて、今は心と財布を補完しています。

今月3日からマンホール点検の短期バイトで小銭を稼いでます。
たった二日で筋肉痛がひどいです。

もう少しニートの生活を続けてもいいんですが、やっぱり逃げた先にはもっと辛いことが待ってるということを教わりました。

シンジ君に。

あの歌、主題歌のアレあるじゃないですか。
あの曲ってえらく前向きなんですよね。それ聴いてたら、僕の背中にも遥か未来を目指す羽根があるんじゃないかと思うようになったんですよ。

それならば居直れ!もう震えてんのわかんねぇようにしてやれ!(きっと違う曲だ

ということで、とにかく逃げてちゃいけないんだと強く信じています。
そのためにも、何か行動をしないといけない。

そして仕事始めたら実際、公道で行動するようになったんですが(とりあえず黙れ

わずか一ヶ月の仕事だけど、これをやり遂げられたら少しでも成長できるんじゃないかなと思うのです。
つまらないとか飽きたとか、贅沢言ってられる身分でもないですからね。

青年よ神話になれ。


カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



プロフィール

蓮

  • Author:蓮
  • Give an inch,take a smile

    人魚のお姫様へ。
    俺はずっと待ってるよ。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。