The Scent Of A Camel Lights
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺書
もう俺の中には何も残ってないんだ。

このまま内臓まで吐き出して死んでしまいそう。

書きたいことがあって、手段があった。だから始めたこのブログも、もう今日で更新終了だ。
これ以上続けても、お互いに不愉快になるだけだろう。
病気を治していけば、ハッピーなことをいっぱい書けると思っていた。ところが、だんだんと芽生えてきたものは憎しみと嫌悪と更なる絶望感だけだ。
自分が間違った方向に進んでいるような気がしてならない。

グランジ。
うす汚い、粗末な、の意。

汚れを落とせばそこにはきれいな世界が広がっていると思っていた。
どうやらそれは見込み違い。
俺は汚れていたのではなく、その汚れそのものだったんだ。忌み嫌われ、徹底的に排除されるべき存在。だからもう俺なんて見たくはないだろう?

もう自分の気持ちがわからなくなってしまったんだ。
一つ記事を書き上げる度に、俺の中から何か大事なものが消えていくのを随分前から感じていた。そして何もかもが消えていって、もう抜け殻なんだ。

自分をいくら追い詰めても、逆に力を抜いてみても、思うように生きることは叶わないようだ。
俺の目指す生き方。それは多分手に入れてるんだと思う。でもそれが、鞄の中に埋もれて見つからない。見つからないのは持ってないのと同じだ。
そうやって数多くの可能性や希望、本来持ってるはずの要素をどこかに忘れてきてしまっている。俺にはそれらを見つけ出す能力が欠けているんだ。
映画を見て感動の涙を流したことも無いし、本を読んでもちっとも理解できた試しがない。人との会話に花を咲かせることももう出来そうにない。
俺にはもう少し人間らしさというものが必要だったんだ。

水のように、低く低くを流れて生きてきた。気付けば空は遥か高く、地面の奥深くまで辿り着いてしまった。
いつか湧き水となって再び川を流れることはあるのだろうか。
大地に磨かれ、清流となり命を育む。もしそんな日がやってくるのだとしたら、どうかこの水をその手に掬い取って満たして欲しい。
時に豪雨となり、津波になり、美しい湖となる。

そんな水になってしまいたい。

聴くことにも創ることにも、もう随分長いこと興奮を覚えなくなっていた。そういったことに、俺は言葉に尽くせぬ罪を感じている。例えば楽屋にいると会場の照明が落ちて、群衆の狂ったような叫びが聞こえてきても、それは群衆の憧憬の念を愛し、楽しんでいたらしいフレディ・マーキュリーに与えたような影響を、俺には与えないんだ。
そのことは俺が、心から尊敬し、羨ましく思っていたことなんだ。
要するに、俺は君たち誰ひとり騙すわけにはいかないんだ。
君たちにとっても、俺にとってもフェアじゃないから。この思いをごまかして、あたかも自分が100%楽しんでいるかのようなフリをするなんて、俺が考え得る最悪の犯罪だ。
ステージに上がる前に、タイム・カードを押した方がいいんじゃないかと思う時がある。俺が、そして俺たちがたくさんの人間に影響を与え、楽しませてきたんだという事実を喜べるように、できるだけの努力はしたんだ。
俺はたぶん、独りでないと物事を楽しめないナルシストってやつなんだ。感受性が強すぎるんだよ。かって子供の頃に持っていた情熱を取り戻すには、もう少し鈍感になる必要がある。

~カート・コバーンの遺書より抜粋~

多分このブログを再開することは永遠に無いと思う。
もうさよならだ。


さようなら。

2006.12.24 クリスマスの午前一時











スポンサーサイト
やけくそ
自分は何歳まで生きるかを考えたことはありますか?

俺は70、80まで生きられると思ってない。

人生設計なんてものは馬鹿らしくて。
いきあたりばったりが好きなんだ。だから先を読んで行動するのが嫌いだ。

仕事でもそうだ。
すぐ仕事の話になるね。まあいいや、俺にはそれしか無いんだから。
どうしたら効率よく動けるか、これは大事なことだとは思う。だとは思うけど、俺のやり方じゃない。
段取り考えてるより、先に行動したほうがいいと思うんだよな。その方が頭使わないから楽だ。
理系か文系かでいえば、俺は文系だから。考えるより感じたいんだ。

効率の良さだけが全てじゃないだろう。

俺には俺のやり方がある。
間違っててもいいと思うんだ。

下らないよ、何もかも。
なんだか馬鹿馬鹿しくなっちまった。
自分の思うままに全てを運べたらどんなに素晴らしいだろうか。

俺は多くは望まない。ただ、安心が欲しいだけなんだ。
何をするにも不安が付き纏って常にびくびくしてるんだ。

あーあ、地球、滅びねーかなぁ。
中空人間
おかしいな。

どうして俺は何も感じてないんだろう。

どうやら無関心の対象が多すぎることに気付いてきた。

俺は?

ずっとずっと低次元の思考を繰り返しているような気がしてならない。

感動で涙を流したことなんてあったっけ。

不快なものを不快と捉えているのだろうか。

問題に直面したとき、解決の方法を考えたことはあっただろうか。

俺は何も考えてないし、感じてない。

本当はもっと感じて、突き動かされて、表に出さなきゃいけないんじゃないのか。

自分のやってきたことは、ハッタリと虚勢と演技でしかないんじゃないのか。

本当の自分は何を考えているのだろう。


夢診断をしてみよう
青屋敷で夢診断サイトを知ったので、ちょっと試してみようかと思う。

ちなみに引用元はコチラ↓
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=EYESONLY

4ヶ月間の自宅療養中に、ゾンビに追われたり喰い殺されたり、あるいは戦ったりする夢を何度も見た。

調べてみたら面白いことがわかった。


最初のキーワードは「ゾンビ」

(※以下引用)

※ゾンビー
【人物】【不思議】
ゾンビーの夢は、厄介事や解決した問題が本当は解決していないことを意味していたりします。
そしてその問題が何か探ってみる必要があることを知らせている夢だったりもします。
とくに性的な悩み(嫌悪感など)を表していることが多かったりします。

◇ゾンビーに追われる夢は、逃げられない問題があることを意味しています。またしっかりとその問題と向き合って対処することが必要だったりしますよ!



次は、「襲われる」

※襲われる
【行動】
襲われる夢は、自分を脅かすものに不安や恐れを抱いていることを表しています。
襲ってくるものは、立ちふさがる障害、抑圧された感情、過去のトラウマ、現実の誰か(父や母など)、締め切り、試験、病気など様々です。
襲われる夢を見たときは何から逃げているのか突き止めて自覚することが必要だったりします。
勇気を出してそうすることで見なくなりますよ!

◇襲われて逃げてばかりいる夢は自分の取り組まなければならない課題から逃げ続けていることを表しています



夢の中では、何度かゾンビと戦った。

※戦う
【行動】
戦う夢は、乗り越えなくてはいけない課題と戦っていることを表していたり、欲求不満や怒りの感情の高まり・トラブル(とくに言動に注意)などを暗示していたりします。
また性的な興奮やセックス、誰かを傷つけたい衝動などを暗示していることもあります。

◇戦って勝つ夢は課題の達成や大切なものが手に入る暗示だったりします

戦って負ける夢は課題の克服には時間がかかることを暗示していたり、感情が不安定になっていることを表しています



そして、逃げた。

※追われる
【行動】
追われる(逃げる)夢は、精神的に不安定だったり悩み事を抱えていたり、未解決の問題があったり、何かに追い込まれているときによく見たりします。
追ってくるものの意味を考えることで不安や悩みの正体がより明確になりますよ!
またときには追われてみたいという逆の心理から見ることもあります。
そして捕まるのは対決するチャンスが訪れたことを暗示していたりします。
逃げきることが出来るなら不安や悩みから解放されたり新たな変化があることを暗示しています。
立て続けに追われる夢を見る場合は病気の疑いもありますよ!

◇異性に追われる夢は進行中の恋の不安、またはHに対する期待や恐れを表していることがあります

◇悪党・不良に追われる夢は対人関係での抑圧された感情や思いを表していたりします

怪物に追われる夢は漠然とした恐怖や不安、抑圧された感情を表していたりします



でも結局生き残ることは出来なくて、殺されてしまう。


※殺される
【行動】
殺される夢は、不吉に思えるけど無意識レベルの自己治療を意味していて、悩んでいることやストレスを感じている問題が解消されることを表しています。
そして古い自分を捨てて新しい自分に生まれ変わることを意味していますよ!

自分が殺されるのは運気の好転や幸運の訪れを表しています

◇見知らぬ誰かが殺されるのは、その人物は自分の分身で自分が克服しようとしている心の側面だったりします。また自覚が進んでない分、生まれ変わるのに時間がかかることを表してもいます

◇知人が殺されるのは、その知人に喜びごとがあったり、またはその友人との関係好転を意味していたりします



そして迎える「死」

※死
【行動】
死の夢は、生まれ変わりや再生・解放を意味しています。

◇自分が死ぬ夢はこれまでの自分と決別して新しい人生を歩き出すことを意味しています

◇誰かが死ぬ夢は、その人を失う不安があったり、また抱えている問題の解決を表しています
◇親が死ぬ夢は、親のことをとても気に掛けていたり、親とのコミュニケーション不足の罪悪感を表しています

◇愛する人が死ぬ夢は二人の関係に進展が見られることを暗示していたりします

◇身近な人が死ぬ夢はその人から独立したり離れたいと思っていることを表していたりします

《死体》
象徴的な意味での死。またはチャンスが失われたことや秘密があることを暗示してることもあります

《故人・死者》
故人に対する哀惜や執着の念の表れ。またはあの世からのメッセンジャー

《自殺》
生まれ変わることを表しています。または人生に対してあきらめを抱いていたり自分を殺して生きていることを表しています。



夢の中では、電車に乗っていることもあった。
時にゾンビから逃げ切って乗り込むことも、置いていかれる事もあった。

※電車
【乗り物】
電車の夢は、自分の人生の目標・進路・物事の進み具合い・これから起こる出来事・現実の状況などを表していたりします。

◇行く先のはっきりしている夢は成功の兆しです

◇異性と一緒に乗り込む夢は恋の進展を表しています

◇隣の席に座っている人は未来の恋人やパートナーだったりすることがあります

◇電車に乗り遅れる夢や素通りされてしまう夢は自分だけが取り残されてしまうのではといった不安やあせりを表しています

◇電車を乗り換える夢は進路変更の必要があることを意味していたりします

◇地下鉄の夢は意外な結果や隠された目標・進路を意味していたりします



そして、夢は繰り返しやってきた。

※くり返し見る夢
【その他】
くり返し見る夢は、ふだん私達が何か大切なことを言ったりするときにくり返し何度も言うのと同じように、夢も大切なことやどうしても言っておきたいことを伝えようとくり返し見せているのだそうですよ!
そして同じ内容や同じような訴えかけを持った夢をくり返し見るのは、何か未解決の問題を抱えているときに見ることが多いです。
このような夢を見たときは、その問題が何なのか見付けて対処法を考えてみてくださいね!よく夢を観察すると対処法が夢の中に示されていることもありますよ!
また繰り返し見る夢は幸運の予兆のこともあります。
夢の印象や夢に出て来たシンボルの意味からどちらなのか判断してみてくださいね!

同じような恐い夢を何度も見るのは、あなたが認めなければならない何か、乗り越えなければならない何かがあることを暗示しています

◇くり返し逃げる夢を見る場合は夢の中でも追ってくるものに立ち向かう姿勢が必要だったりします!




ここまで正確に言い当てられるとは驚いた。
いままで歩んできた道程は間違いじゃなかったといって、いいんだと思う。
夢は、自分と向き合って一体何が胸につかえているのかを探し出してくれと言っていたのだ。



ここしばらく、ゾンビは夢に出てこない。










消去
もっと精密な思考回路が欲しい

忘れちまうんだ
覚えられないんだ
たった今話したことはなんだっけ

いつからだっけ
曖昧な記憶
虚ろな意識

力が足りない

生命力が
活力が

満ち足りたものなど何も無い

「満足」の意味なんか
一度たりとも知ったことは

もうおしまいだよな

リトマス試験紙
クルマの運転が上手いとはどういうことか。

サーキットでコンマ数秒を争うレーサーは、確かに運転が上手いと言える。
じゃあレーサーだけがそうか。否。

公道を走る多くの人達の中にも、燃費のいい走りをする人や事故を起こさない安全運転をする人、それぞれ上手い運転をする人はいる訳で。

一言でこれがベストだと言い切ることは出来ない。

仕事にしてもそうだ。

黙々と自分のやるべき事をこなす人。
無理する事なく余裕をもって楽にやっている人。
適度に手を抜いて朗らかにやる人。

みんな、仕事が上手いと言えるのではないか。
これも、一言に「こうすれば上手い」と言い切れない。

いろんなタイプの人がいて、それぞれに道を極めているからこそいい仕事が出来るんだと思う。

問題なのは、その違ったタイプの間にある溝をどう埋めるかだ。

限界ギリギリまで攻めるのが正しいと思っている人からすれば、頑張り過ぎないようにセーブしてゆっくりやる人はサボっているように映るかもしれない。
どちらも自分なりのベストポジションで働いているのに、だ。

まるで磁石のように、引き合ったり反発したりする。人間関係とは不思議なものだ。

どうしてそんなに比べたがるんだろうな。
隣のヤツはこれが出来ない、向こうのヤツはあれが出来る、とか。
他人と比べたところで何になるってんだろうか。

俺はそんなことどうでもいいと思ってる。俺は俺なんだから。比べたってしょうがないの。
差があって当然。

あんたが自分と誰かを比べて、勝ったと思ったらその時点で負けだよ。
そいつはきっと比較なんかしてないぜ?

どうせならさ、昨日の自分と今日の自分、比べて生きていこうよ。

革命
面白い話を聞いた。

人の悪口を言う人は、どこかでその人に対して劣等感を抱いている。
だから負け惜しみのように悪く言うのだ、と。
言いたい奴には言わせておけばいい。それは自分が勝っていることの裏返しだから。

素晴らしい考え方だと思ったね。

まさにそうだ。そう考えれば、どんな事を言われても平気になれる。結局は負け犬の遠吠えだと聞き流すことが出来る。

俺が言われたひと言も、その程度のものだったと解釈することにしよう。
どうだい、道が開けてきたように思う。


忘れていただけ
まずはみんなに謝らなきゃいけないことがある。

負けちまった。

リストカット、しちゃったよ。

ごめん。




胸がぎゅうっと苦しくなるだけ。
それに耐えればなんて事はなかったはずなんだ。
でも・・・耐え切れなかった。
何度も何度も経験してきたこの胸の苦しみ。もう慣れっこだと思ってたのだけど。
まるで麻酔が切れて痛み出すように、麻痺していた気持ちが疼いた。
たったひと言がここまで苦しいということを改めて痛感した。

これからあの人とどう接していけばいいのだろう。

来年から例のC工場に復帰することが確定した。
つまり、今の職場で過ごすのはあと二週間だ。その二週間が過ぎればとりあえず安泰ということではある。
その二週間、ただじっと嵐が過ぎ去るのを待つだけでいいのだろうか?
俺はずっとそうやって逃げてきたのではなかったか。

このままじゃいけないような気がする・・・




くたばっちまえ、俺
どうすればいいんだろう?

こんなに頑張ってるのに、なんて自分で言うのはいけないことだと思ってるけど。
でも・・・
これ以上どうしろって言うんだろう。

今日ね、言われたんだ。

「お前仕事してないじゃないか」ってね。

こんなに頑張ってるのにどうしてそんな事言われなきゃいけないんだ!

もうわからないよ。どうすればいいんだ。
まるで俺は怠け者扱いだ。あからさまに冷たい態度。俺が邪魔で仕方ないって言ってるみたいだ。

こんなに・・・こんなに頑張ってるのに・・・・・

もう耐えられそうにない。

みんなぶっ壊れちまえ。




障害物競走
減薬が始まってから少しずつ調子が悪くなってきている。
朝起きられなくなってきたし、午前中はテンションも低く、身体が動かない。
今、また波が来てる。

これはちょっとしんどいぞ~・・・



よくある話だろうけど。
苦手な人、というのはどこにでもいる。
普段はとってもいい人で、にこやかに話しかけてくれる丸みのある人なんだけど、仕事のスイッチが入ると突然角が立ってくる。
この人と仕事してると気の休まる暇がない。いつも怒鳴られてばかりだ。
怒られたくないからと思って、どうにかしようとすればするほどパニックになって道を踏み外してしまう。
で、また怒鳴られる。

怖いよ。

こういう人と接するとき、どういう気持ちでいればいいんだろう。
正直、かなりのストレスになってしまっている。

いい人だってわかってるのに、もう緊張してしょうがない。

ああ、明日が憂鬱だ・・・

どうすればいいんだ?


迷い道
うつが治ったら、それはそれでハッピーだったって言わなきゃいけないのかい?

何か得るものがあったって、今までとは違う自分になれたんだって言わなきゃいけないのかな。

いつも何かに振り回されてばかりだ。

自分のペースで生きることが許されるということは死刑宣告に等しい。
そうだろ?夢や希望なんて薄っぺらいものさ。ふとした弾みに引き裂かれちまうんだから。

美しいものが正しいとは限らない。
夢に向かって頑張ってる姿は美しいから。

俺らしく、お前らしく。

自分が本当に目指すところ。そんな場所はあるんだろうか?
何も目指しちゃいないんだ。目標なんて馬鹿らしい。
みんなが思ってるほど出来上がった人間じゃないんだ。完成することなんか無いのさ。

俺は人間のクズなんだよ、どうしてそれがわからない?
見えないようにしてるだけさ。奥底には石炭のように真っ黒い澱みが溜まってるのさ。
もっと嫌ってくれよ。救いの手なんか差し出さないでくれよ。

わからないんだよ。愛されるって何だ?嫌われてばかりいたから、受け入れられることがどういう事かわからない。

居場所って何?
仲間ってどういうこと?

やめてくれ。
俺を必要となんかしないでくれよ。
どうしていいか解らないじゃないか!
忍耐
爽やかな陽が昇る

刹那

森に大嵐がやってくる

俺は木漏れ日を浴びながら

獣道を進む

嵐の届かない場所

奴はそこにいる

猛り狂った優しさを見せ

それは目の前にある

遠く遠く

遥か彼方のすぐそこにある

硝子で出来た壁がある

手を伸ばせばそこにある何かが、見えない壁に阻まれる

打ち壊せ

打ち壊せ

壁はきっと分厚い

お前は硝子に立ち尽くし

俺を見つめ続ける

そこから見えるのは俺か

それともその後ろ

打ち壊せ

打ち壊せ

俺は世界を創り出す

地を這う空

宙を舞う大地

壁は高くそびえ立ち

俺とお前は檻の中

硝子で出来た壁がある




カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



プロフィール

蓮

  • Author:蓮
  • Give an inch,take a smile

    人魚のお姫様へ。
    俺はずっと待ってるよ。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。