The Scent Of A Camel Lights
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺のこの手が真っ赤に燃える
自分には怒りが足りないような気がする。

言い換えるなら、悔しさとか、根性という言葉が適当かな。

怒り。エネルギーの塊。

イライラとか不快感とは違う。タンスに足ぶつけてコノヤローって腹立てるのは怒りじゃない。何て言うか、自分を奮い立たせるパワーっての?
あの野郎には負けねーぞ!みたいな。そんな感情。

なんだろう。
まだ本当に「ガキ」だった頃、ちょっとしたことで頭に来て手を出した事が何度もある。悪口言われたとか、そんなきっかけ。
そういう気持ちが「怒り」だと思ってた。でもそれは違うんじゃないか。

本当の怒りってのは、あんなこと言われた、畜生、いつか見返してやるぜ。って思うことのはずだ。

最近そういう気持ちになってないな、と気付いた。
ある程度仕事も身についてきて、能力的に余裕が出て来た頃。初めの頃の緊張感とか同期とのライバル意識とかが薄れてきて、気がつけば単調な毎日。忙しさと疲労で参っちゃってる。

何かが麻痺してる。

自分が何かミスをして誰かに迷惑をかけても、次は失敗するもんか!っていう気持ちになってこない。ああ、やっちまったな、俺はいつまで経ってもダメだな。って落ち込んで終わり。

転落コースまっしぐら。
大成しませんよ、こんな人間は。
スポンサーサイト
こだわりの一品 腕時計
特に時間に厳密に生きているわけでもないけど、コレだけは譲れないってもの。
というわけで今回のお気に入り道具、コチラ。

tokei.jpg


腕時計ですよ。
しかも電波。(・∀・)デムパ!!じゃなくって電波。
しかもタフソーラーなので壊れない限り永遠に動き続けるという優れもの。

電波時計ってのは文字通り電波を受信して妄想や奇行に走るモノで←オイ

失礼しました。つまり絶対に時間が狂わない時計なわけですよ。それでいて常にソーラーで充電してるから止まらないと。


来たね、来たよ。こうじゃなきゃ。


この時計は一年半くらい前に買ったもので、それまではフツーのヤツを使ってたんだけど、どうしてもクォーツ式って誤差が出る。
時計に限らず計器ってのは正確さがないとダメでしょうに、「平均月差±15秒」とか書いてあるともうダメ。嫌だ。それが何十万もする高級品だったりすると、「え?どこに価値が?」ってなる。

そこで、電波時計の存在を知った。

運命の出会いだね。

いや、それほどじゃない。



それともう一つ、デジタル式って嫌いだ。
アナログなら針の位置で時間が量として読めるけど、デジタルは一々アタマん中であとどのくらい時間が残ってるかとか考えなくちゃならない。この時計にも液晶画面にデジタル表示が出せるけど、それは他の機能の副産物、許す。

他の機能といえば、文字が書き込める。メールアドレスくらいの文字数なら三つくらい記憶できるメモリーが搭載されてて、メモ機能として使える。でも、使わない。だって必要ないじゃんよ。時計に。ややこしいから使い方をまずメモしなきゃならんし。

あとはストップウォッチとか通り一遍機能満載。
一番いいのが傾けるだけでバックライトが点灯する。一々ボタン押さなくても光るから使い勝手抜群。

ところで、ここまで読んでてこれはどこのメーカーのなんてヤツだと気になってる人もいるだろうけど、教えません。

道具ってのは、名前じゃないよ。

ま、電波+ソーラーであれば満足なだけですけど。
この話はフィクションです。実在の人物、団体等とは・・・
鳥人間コンテストが始まりますね。

自作の飛行機で琵琶湖を舞い、その飛距離を競い合う夢の大会。


ふーん…


確かにスゴイ試みですけど、まだ、鳥感が足りませんよねぇ…



世の中を見渡してごらんなさい…どこを見ても鳥人間だらけではないですか!

あそこのご家庭はおしどり夫婦だし、コウノトリからお子を授かることもあるでしょう。

公園を見れば、カラスの大群がテントを作っているではありませんか。

繁華街にいけば、世間を舐めきったヒヨッコどもがコンビニの前で騒いでおります。

夜の飲食店ではストレスを溜め込んだサラリーマンが羽根を伸ばし、上司の一言で遠隔地に伝書鳩ですよ!


そもそも、鳥というのは厄介な存在なのです。
鳥が原因の事件の例
・洗車したてなのに糞が…
・乗っ取られて大変なことになった白い鳥
・火星人がキレる
・カードの宣伝のために四羽どころじゃなく買い過ぎて大出費も本人は満足気
・スズメって実は空飛ぶネズミって言う位黴菌あるらしいですよ



なんだかんだ言っても、インフルエンザで処分されるニワトリがどんな運命を辿るかは、小さい子供には秘密にしてほしいものですな。


電波は大事です
携帯電話の電話帳ですよ。

どうしたもんか。

何がって?

ほら、登録するときの名前の入れ方ですよ。

僕はフルネームをそのまま入れる主義なんで、まあ呼び捨てにしてるようなもんだけど、友達ならいいんです、それで。
でも、会社の先輩とか、なんか気まずい。

やっぱり、「〇〇さん」てつけるべきかなあ。
いや、自分の携帯に向かってさん付けするのも気持ち悪い。

「〇〇様」なんか付けた日にはどうしよう。

着信するたびひれ伏すな、きっと。ははーっ

「〇〇先輩」ってのもなぁ、二、三歳上ならいいけど30年のベテランに向かって先輩はないよなぁ…


「〇〇殿」…あれ、こっちの態度がでかくなってしまった。


「〇〇閣下」



だめだ、黒ミサが開かれるぞ…



「Mr.〇〇」

おー、画期的かも。

あ、でもすぐに飽きそうだな。



「きっと〇〇」

着信したのは、多分あの人なんだろうけど、今一つ確信が持てない感じだな、不安定になるのでボツ。


ここは一つ流行りものを取り入れて…
「レイザーラモン〇〇」


………同僚みなHG。




おかしい…もがけばもがくほど沈んで行く。



そういえば、





誰からも掛かってこないや、電話。


お知らせ
このブログだけ見てる人は何のことだかわからないと思いますが、僕はお笑い投稿サイトを持っているのです。

「百人の偉人」って、僕のHPなんですよ。コチラ。http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=nusino_march
で、もう一つ、
「はなつまみもの」って、僕の友人のブログなんですよ。
勝手に紹介したぞ、そーや君。なんかくれな。
アドレスはこちら。
PC版→http://sakadachikabasan.blog7.fc2.com/
携帯版→http://sakadachikabasan.blog7.fc2.com/?m

なかなか面白いことを書くヒトなので、皆様一つヨロシク。


9月19日:リンクを貼って書き直しました。ヨロシク。
緩急のメリハリ
20050903123311
土曜日の休日出勤。普段6時までのところ、4時には帰れる。

気楽でいいね。

初めて携帯から更新するけど、ちゃんとアップされたかな笑

私にプレッシャーをかけるとは!
どうしたって上手くいかないことはあるわけで。

もううんざりしてるのにどうにもならない。

クルマに乗ってるとやたらクラクションを鳴らされる。
交差点でただでさえギリギリなのにあの音は、本当に神経を逆撫でする。

どうしてそんなに鳴らしたがるんですか。
小心者の僕はハンドルの中央に手が触れただけで死んでしまいます。
あのボタンを押した日には恐らく自我が崩壊するでしょう。

あと、道を譲ったお礼に鳴らすのも止めてください。
何か気に障ることでもしたんじゃないかと30分くらい気になってしょうがないんです。

ムダに焦らされ、追い詰められる。頼むから、鳴らさないでくれ。
どんな顔してるか怖くて、バックミラーで後ろを見れない。

家でくつろいでいても、近くで聞こえると不安定になるので、禁止です。鳴らさないでください。そもそも警音器で感謝しないでください。新手の脅迫ですか。

ごめんなさい。やっかい村の住民は、クルマなんて乗ってはいけないのですね。迷惑ですよね。邪魔ですよね。
どうすればいいんですか。
一応、生きてなきゃいけないんで、それにはクルマがついて回りますんで。

だれか、このさまようゴミ虫に巣までの道のりを教えてください。

わかってるんですよ、下手くそだって言いたいんですよね。運転が。
でも、一度できたトラウマはなかなか消えてはくれないのですよ。




カレンダー

08 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



プロフィール

蓮

  • Author:蓮
  • Give an inch,take a smile

    人魚のお姫様へ。
    俺はずっと待ってるよ。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。