The Scent Of A Camel Lights
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんなのフェイバリッツ~主の旋律~③③
8. 幻夜(まぼろし)/矢沢永吉

On Ohter Life,Come On Tell Me,Stranger Moon
夢なら散れよ 夜空に



9. サムバディズ・ナイト/矢沢永吉

偽名のサインが
切ない避暑地
せめても魂(こころ)は
裸にしなよ



10. ワンダフル・ライフ/矢沢永吉

揺さぶらなきゃ変わりはしないぜ
時代も見え透いた常識も



11. You Keep on Moving/Deep Purple

太陽を囲む輪のように
季節を軽やかに通り抜け
誰も知らない所へ行け
天子が怖れて近寄らないところへ行け



12. モア・ザン・ア・フィーリング/ボストン

沢山の友達がやって来ては去って行った
年月とともに彼らの顔も薄れてしまう
それでも心を巡らせれば思い出す
夏空に響くサウンドのように鮮明に



13. Achilles Last Stand/Led Zeppelin

あの甘いリフレインが
魂をなだめ
苦痛を和らげる
彼は今眠り続けてほしい
そしていつか目覚めてほしい



14. The World Is Not Enough/Garbage

この世界だけでは物足りない
この世界だけでは物足りない
心を満たすにはまだまだ程遠い
この世界だけでは物足りない



15. The Unsung War/ACE COMBAT 5 Original Soundtrack

歴史が大きく変わるとき ラーズグリーズはその姿を現す。
初めには、漆黒の悪魔として。

悪魔は、その力をもって大地に死を降り注ぎ、やがて死ぬ。
しばしの眠りの後、ラーズグリーズは再び現れる。

英雄として、現れる。






スポンサーサイト
みんなのフェイバリッツ~主の旋律~③②
この一枚の紹介に関しては、とやかくああだこうだと言いません。
それぞれの曲に込められた思いだけを綴っていこうと思います。

1. Away from Me/Puddle of Mudd


ずっと恐れてた、お前が離れていくのを
ずっと恐れてた、お前が誰かの中に迷い込んでいくのを


2. The Living Daylights/a-ha

望みは高すぎるぐらいに
死に様の中に生き方はある

朝が訪れ、ヘッドライトが雨の中に消えていく
何十万の変化、でも全ては元のまま
誰かが切り出すのをずっと待っていた
闇は闇のままに、消し去ってはいけないと


3. You Give Love a Bad Name/Bon Jovi

お前は弾丸の込められた拳銃
逃げるところなどどこにもない
誰も俺を助けられない
もう、やられちまったんだ


4. White Riot/The Clash

白い暴動 暴動を起こしたい
白い暴動 俺だけの暴動を


5. Move to Memphis/a-ha

歩き廻っても
そこには誰もいない
そんなことを話してくれたのはあなただった
この古びた街は僕を落ち込ませる
私に話してくれたのはあなただった


6. Blue Suede Shoes/Elvis Presley

俺の家を燃やそうが
大事な車を盗もうが
酒を飲んじまっても構わない
どんなことをしようとも
俺の靴にだけは近寄るな
俺のブルー・スウェード・シューズを踏まないで


7. The Broken Bones/MXPX

俺たちどうしようもない負け犬さ
打ちひしがれた野郎ども
俺たちぶっ壊れてるんだ


みんなのフェイバリッツ~主の旋律~③①
さあ、前二枚はただの導入部、イントロダクションと言っても過言でしょう。
この最後の一枚に、一番力を入れたつもりです。
それでは、どうぞ。

disc3
1.Away from Me/Puddle of Mudd
2.The Living Daylights/a-ha
3.You Give Love a Bad Name/Bon Jovi
4.White Riot/The Clash
5.Move to Memphis/a-ha
6.Blue Suede Shoes/Elvis Presley
7.The Broken Bones/MXPX
8.幻夜(まぼろし)/矢沢永吉
9.サムバディズ・ナイト/矢沢永吉
10.ワンダフル・ライフ/矢沢永吉
11.You Keep on Moving/Deep Purple
12.モア・ザン・ア・フィーリング/ボストン
13.Achilles Last Stand/Led Zeppelin
14.The World Is Not Enough/Garbage
15.The Unsung War/ACE COMBAT 5 Original Soundtrack

とにかく、盛り上げてみました笑
みんなのフェイバリッツ~主の旋律~②②
1.ウニヴェルソ・インテリオール/T-スクェア
フュージョン、ハードロック、トランス系と色々な顔を持つ「truth」の、ボーカルヴァージョンですね。同じメロディなのにアレンジと歌が入るだけでここまで変わるもんかと。
ロック的なノリの良さとは別の魅力がありますね。

2.ゴー・ショッピン/ブラン ヴァン3000
主といえば、マーチに乗っております。
マーチといえば、日産自動車です。
日産といえば・・・
ウイングロードのCMに使われていたのが、この曲です。初め聴いたときはちょっとウケ狙いの歌なのかなと思うようなダミ声のボーカルが印象的ですね。なんだか耳に残るクセのある歌い方が好きです。

3.Ivan Meets G.I. Joe/The Clash
クラッシュはパンクロックをやってるバンドですが、4作目の「サンディニスタ!」ではもういろんなジャンルごった煮で滅茶苦茶やりたい放題やってまして、この曲もインベーダーやスロットの効果音をバックにパンクっております。ホーンがパラパラ鳴って始まる所あたり、本部長さんが反応するかなと思いつつそうでもなかったですね笑

4.Sunday Bloody Sunday/U2
U2はそれほど詳しくありませんが、この曲は音の作り方にかなり気を使ってるんじゃないかって思います。
曲順としては、前三曲が濃かったので一休み、ってとこですかね。

5.ダンシング・オン・ザ・ビーチ/矢沢永吉
これは、もういかにも音楽って楽しいよねっていう雰囲気たっぷりで即決で入れましたね。この一枚はとにかく楽しい感じを出したかったんで、上手い感じになったと思います。

6.7人の偉人/The Clash
どっかで見たことのある曲名だなって思った人は主のファンです笑
まあ、このタイトルからもらってきたんですけどね、おそらく不発ですね。
曲としては、ジョー・ストラマーのかすれた声が際立ってて、それをベースのいいリズムで味付けしているという、その辺が好きですね。声を聴き入っちゃいます、いつも。

7.The Man With the Golden Gun/Lulu
実は、今回作った三枚の全てに007シリーズの曲を入れてあるんですね~。
これもそうです。「黄金銃を持つ男」のテーマで、古いアニメソングのようなノリが楽しい曲ですね。ラッパの音が好きらしい本部長さん向けを狙ってました。

8.組曲 冬の情景/所ジョージ
完璧なるウケ狙い、所ジョージのデビュー曲です。カラオケに行くと必ず歌うようになりましたね最近笑
気が付くと口ずさんでるのはなぜでしょうか・・・

9.リンゴの木の下で/吉田 日出子
これもクルマCMだったりします。B15サニーの曲ですね。
やっぱりジャズになるんですかね。柔らかくて、落ち着きます。静かな気持ちで聴きたい、そんな感じ。

10.HURRICANE/矢沢永吉
さあ、ココが一番の山場ですよ。
永ちゃんのコンサートでは必ずアンコールでやる、「止まらないHa~ha」の英語詞版です。タオル投げで有名なあの曲です。
とにかく大音量でガンガン聴いて欲しい、ぶっ飛んで欲しい、そう思います。クルマ飛ばしながら聴いたら最高!

11.スブタ/所ジョージ
一発芸です。

12.巫女みこナース/Chu☆
コレに関しては、入れた後でどういう類の曲かを知ったという稀有な状況なんですね、まあ大体想像は付いてましたが笑
だから言ったじゃないですか、お祭り騒ぎ的にしたって・・・
一部の人(某電気街とテレビっぽい掲示板中心)たちの間では熱狂的な人気があるのでしょうね、きっと。

13.515 / 515/Slipknot
終わりよければ全てよし、そんな言葉の意味がよーくわかりますね。
もう、全てぶち壊してみました。

病んでる?ねえ、僕病んでる?


と、一気に一枚紹介してしまいました。
それでは最後の一枚のご期待下さい。
みんなのフェイバリッツ~主の旋律~②①
それでは、主の旋律二枚目を紹介しますよ。

disc2
ウニヴェルソ・インテリオール/T-スクェア
ゴー・ショッピン/ブラン ヴァン3000
Ivan Meets G.I. Joe/The Clash
Sunday Bloody Sunday/U2
ダンシング・オン・ザ・ビーチ/矢沢永吉
7人の偉人/The Clash
The Man With the Golden Gun/Lulu
組曲 冬の情景/所ジョージ
リンゴの木の下で/吉田 日出子
HURRICANE/矢沢永吉
スブタ/所ジョージ
巫女みこナース/Chu☆
515 / 515/Slipknot

これはもうお祭り騒ぎ気分で手当たり次第に詰め込んだって感じです。
本部長さんも楽しんでくれたようですね笑


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



プロフィール

蓮

  • Author:蓮
  • Give an inch,take a smile

    人魚のお姫様へ。
    俺はずっと待ってるよ。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。