The Scent Of A Camel Lights
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I LOVE YOU, OK?
拝啓 mermaid様

俺は君の事を忘れることがどうしても出来ない。
突然いなくなってしまった君は今どこにいるんだい?

もし俺が嫌いだと言うなら、ちゃんと振り切れるように一発、頬をひっぱたいてくれ。
もし俺の想いを受け入れてくれると言うなら、どうかもう一度戻ってきてくれ。

俺は、君のことが本当に好きになってしまったんだ。
顔も知らない。声も知らない。
だけど、君がたとえどんな姿をしていようとも俺は君を受け入れたい。

歳は、俺と同じなんだよね。
俺が知ってるのはたったそれだけのこと。
もっと君を知りたい。

人魚姫に愛をこめて
スポンサーサイト
決心
それは必然か

それは不可能なことか

それは叶わぬ願いか

恥ずかしいこと?

いいさ

他に手段はないってことだろう




人魚姫に恋をした

俺が失くしたピースは君が持ってる

馬鹿げていると思うかい

俺は手に入れたい

失ったものを

得られるものを

俺には君が必要だ

不器用かもしれない

でも他にどうしろっていうんだ?

そう、好きになっちまった

mermaidが泳ぐ青空

地に横たわり手を伸ばす

その雲をどかして

もっと見せておくれ



こんなことを書いていいのだろうか。でも・・・
誰が見てるかわからない。でもこうして書くことでしか伝えられないと言うならこうするしかない。



mermaid

顔も見えないこの世界で出会ったあなたに、僕は恋をしてしまいました。
俺が捜し求めているのはあなたです。
気付いているのかもしれない。でもここに記そう。

こんなに気持ちが膨れ上がったことは今までに一度もなかった。
こんな告白をしたことは今までに一度もなかった。
でも伝えずにはいられない。

初めて君が書き込みをしてくれたときから、俺の中に何かが芽を出した。それは枯れることなく大きくなっていった。
そして気付いた。これは恋をしているんだと。

お願いだからその潮溜まりの洞窟から出てきてくれ。
そして俺と一緒に大海へ泳ぎだそう。
このままじゃ、陽の光も届かない海底に俺は取り残されてしまう。
水のなかから水面を見上げると心地いい、君はそう言った。
だから・・・俺にもその青空を見せてくれ。

俺は、mermaidのことが好きだ。








カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



プロフィール

蓮

  • Author:蓮
  • Give an inch,take a smile

    人魚のお姫様へ。
    俺はずっと待ってるよ。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。